本文へスキップ


お知らせtopics              

  分散登校の様子C 
 今週が最後の分散登校となります。弟子屈小学校では、6月1日からの学校再開に向けて、新しい生活様式「弟小スタイル」の構築・準備を進めています。
 今週の分散登校から中休みを復活し、遊ぶ場所の学年別の設定や3密にならない遊びの提案を実施しています。左下の写真は「うずまきドン(名称については諸説あり)」の様子です。
 上の2枚の写真は、1年生の給食配膳の様子です。1年生も前後の距離を取るというルールをしっかり守っている様子が写真からも伝わってきます。
 学校再開後も「弟小スタイル」の徹底と改善を図りながら、更なる感染拡大防止に向けて検討を重ねていきます。各ご家庭におかれましても、今後もご理解とご協力のほどよろしく御願いします。
  分散登校の様子B 
今週から、全児童2回分散登校日を設定しました。Aグループは19日・21日、Bグループは20日・22日に実施します。本校では分散登校実施とあわせて感染拡大防止の手立てについても検討を重ねてきましたので、前回に引き続きいくつかご紹介させていただきます。
・低学年が使用する水飲み場には、足跡のマークをつけ、距離をとる工夫
・教室の出入り口を、前が入口、後ろを出口に固定
・水筒持参を基本とし、水飲み場の混雑を緩和
今後は学校再開を視野に、更なる感染拡大防止に向けて、検討を重ねていきます。
  分散登校の様子A 
先週に引き続き、分散登校を5月14日・15日に実施しました。本校では分散登校実施とあわせて感染拡大防止の手立てについても検討を重ねてきましたので、前回に引き続きいくつかご紹介させていただきます。
・全学年をAグループとBグループの2つに分け、別日に登校し、児童間の距離を一定程度保つ
・児童下校後、教職員で校内の清掃と消毒作業
・感染拡大防止に伴う図書利用の仕方のアナウンス
・登校時、感染拡大防止と安全確保の観点から決まった時間まで児童玄関を施錠
特に4点目については、保護者の皆様のご協力もあって、児童の登校時間が守られるようになりました。今後も更なる感染拡大防止に向けて、検討を重ねていきます。
   5月15日(金)A 
本校4年生の児童を対象に、弟子屈警察署の方に来ていただいて、「ヒマワリの絆プロジェクト」が行われました。京都府で交通事故に遭い亡くなったお子さんが育てていたヒマワリの種を育て、交通安全を願うプロジェクトです。このヒマワリが大きく育つのが今から楽しみです。
  5月15日(金)@ 
地域貢献事業の一環で、開成建設のみなさんがグランドの転圧作業をしてくださいました。これから夏本番を迎え、こどもたちがグラウンドで遊ぶ機会が増えてきます。まだ分散登校の期間中ですが、学校としてもできるだけ早く外遊びの機会を設けていきたいと思います。開成建設のみなさん、ありがとうございました。
  分散登校の様子@ 
4月20日に再度の臨時休業になってから、初めての分散登校を5月7日・8日に実施しました。本校では分散登校実施とあわせて感染拡大防止の手立てについても検討を重ねてきましたので、いくつかご紹介させていただきます。
・全学年をAグループとBグループの2つに分け、別日に登校
・児童玄関で健康観察シートを学年別に受け取り、体調の確認を行う
・使用する階段を学年ごとに制限し、過度の接触を避ける
・トイレや水飲み場も密集しないように、シールを貼るなど距離が保たれるように工夫
・給食時は楽しくおしゃべりして食べることができないので、優雅にクラシックの曲を聴きながらの食事
・下校時も児童の密集を避けるため、学年順に放送をかけて下校
今後も更なる感染拡大防止に向けて、検討を重ねていきます。
  4月22日(水) 
地域貢献事業の一環で、明盛建設のみなさんが遊具周りの土留めの補修工事をしてくださいました。今までは木の板だった土留めが、とても立派なブロックとなりました。今後も土留め周辺を芝にするなど、環境改善を図ってくださるそうです。明盛建設のみなさん、ありがとうございました。
  4月17日(金) 
交通安全教室を行いました。警察署と役場の方々をお招きし、自動車とダミー人形を用いた衝突実験の実演とお話をしていただきました。子どもたちは「車は急に止まれないこと」や「急なとび出しは事故につながること」を実感的に学びました。
  4月16日(木) 
児童委員会が始まりました。学校をよりよくするために、4年生以上の子どもたちが自分たちで考え、相談しながら活動をしていきます。一回目の顔合わせでは、それぞれの委員会の活動のめあてや内容を話し合って決めました。スローガンに向けたこれからの活動が楽しみです。
    4月14日(火) 
元気に遊ぶ子どもたち。休み時間、体育館は大人数で一斉に使用することができないので、曜日ごとの学年割り当てにしていますが、その分、様々な場所で遊び方やルールを工夫しながら、楽しく遊ぼうとする子どもたちの姿が見られ、頼もしく感じます。
   4月13日(月) 
1年生の給食が始まりました。みんなはじめての給食に大喜び。完食やおかわりも続出するほど、おいしくもりもり食べていました。入学から一週間がたち、一つ一つ学校のことを覚え、元気に楽しく生活しています。
   4月10日(金) 
児童玄関のドアがきちんと閉まっていることが多くなってきました。1年前は開きっぱなしのことが多く、先生方が閉めることが何度もあったことを考えると、子供達の大きな成長を感じます。「凡事徹底」これからも当たり前のことが当たり前にできるよう指導に努めます。
   4月 9日(木) 
昨日ご紹介した、健康観察シート回収の様子です。教室に入る前に体調のチェックをするという通知を受け、本校では児童玄関で回収を行っています。ご家庭や子供達の協力もあって、スムーズに行うことができています
   4月 8日(水) 
今日から通常の登校がスタート。児童玄関で健康観察シートを回収し、チェックを受けてから教室に行くという異例の対応をとりながらの船出となりましたが、子供達の元気な声が響き渡り、久々に活気溢れる学校が戻ってきました。
 4月 7日(火) 
本日は午前入学式、午後から始業式・着任式という変則的な形となりましたが、無事スタートを切ることができました。新たに30名の新1年生が元気に入学してきました。今年度もTOPICSを随時更新して参りますので、どうぞおつきあいください。
 3月25日(水) 
修了式、離任式も分散登校のため2回行いました。離任する先生と玄関前でお別れを惜しむ子供達がたくさんいました。心が温かくなる時間でした。今年度のTOPICSはこれをもって終わりにします。一年間ご愛読ありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。
3月24日(火) 
卒業式は在校生がいなかった分、先生方が紙吹雪を作って退場していく子供達や担任をお祝いしました。また、児童クラブに来ている子供達も2階から顔を出して「おめでとう!」と声をかけてくれました。特別な年ですが、多くの人の温かい気持ちが伝わる最後の場面でした。
3月23日(月)
スクールバスの関係で町内の他校より一日早く修了式と離任式を分散登校の形で実施しました。1回目は偶数学年。学級の代表に修了証書が手渡されました。また離任式では6年生も参加し、5名の先生方とお別れしました。新年度からは元通りの形で学校が始まる予定です。
  3月19日(木)
本日無事に卒業証書授与式を執り行うことができました。卒業生は練習がほとんどない中で、しっかりと返事をして立派な態度で業証書を受け取りました。また、式の後には体育館のステージに在校生のメッセージが流れ、お祝いと感謝の気持ちを伝えました。学級指導の時間も素晴らしかったです。
   3月18日(水)
明日19日は本校の第120回卒業証書授与式があります。在校生は参加できないものの、メッセージを会場の入り口に掲示しました。椅子を並べ紅白幕を張り、会場の準備も終わりました。堂々とした姿で卒業生が式に臨むことでしょう。特別な形ですが思い出に残る式にします。
 3月17日(火)
分散登校2回目が実施されました。前回同様に多くの児童が登校してくれました。卒業式に在校生が参加しないので、各学級では短いメッセージビデオを撮ってそれを卒業式の当日に流してもらうことにしました。教室では卒業生に向けての言葉を撮影していました。気持ちが嬉しかったです。
 3月16日(月)
松浦武四郎氏のつながりで交流している松阪市立小野江小学校の子供達が作った「武四郎カルタ」がお手紙と一緒に届きました。弟子屈のことがたくさん出てきます。これまでの交流の成果が出ていることがわかりました。このカルタを使って遊べる日が早く来ることを祈っています。
  3月13日(金)
2回目の分散登校日が決定しました。17日(火)です。時程は同じです。修了式は当初24日予定でしたが、スクールバス運行の関係で23日にずれますのでご了承ください。写真は1年生が手洗いの練習をしている様子です。感染しないよう、また体調を崩さぬよう注意してください。
 3月12日(木)
分散登校1日目です。8時半からは偶数学年、10時から奇数学年が実施します。短時間ではありますが健康チェック、感染予防の指導、休み中の生活指導、学習プリントや作品の持ち帰りなどやることはたくさんあります。子供達は久々の再会にとても嬉しそうでした。
 3月11日(水)
町内の小学校5校が協力して「世界一大きな絵」」を制作します。3月末までに本校の児童がが弟子屈町の町章を中央部に描く予定でしたが、休業中のため先生方が協力して描きました。他の4校が順番に弟子屈の四季を描く予定です。国や人種を越えて平和を愛する気持ちを育てる活動です。
 3月10日(火)
本日予定していた分散登校は12日に延期となりました。雨は午後から多く降るようですのでご注意ください。写真は卒業式練習をする6年生。2月から練習を始めていたので少しだけ安心しています。感染防止のために在校生を参加させず、内容を簡略化して19日に実施する予定です。
 3月9日(月)
今日から校舎内で活動するにこにこ児童クラブの受け入れが始まりました。参加児童数は少ないですが感染に配慮して静かに学習していました。明日予定していた分散登校は降雨のため道路状況の悪化が見込まれ、スクールバスの運行ができないと連絡があったため、12日に延期となります。
 3月6日(金)
今年一番の大雪。今朝4時過ぎに大雪警報から注意報に引き下げられたものの一面の雪の原。児童クラブもお休みになりました。学校にも除雪車が入って、やっと人が通れるようになりました。来週10日に分散登校日を設定します。詳細は後ほど安心メールでお伝えいたします。
3月5日(木)
朝、大雪警報が発令されて放課後児童クラブがお休みになったようです。子供達の顔が見られると思っていたので残念です。写真は凍土検査をしている様子。地中に埋まっているホースがどこまで凍っているか調べています。昨年度と比較しているので違いに気づきます。興味深い結果が出ています。
 3月4日(水)
明日から放課後児童クラブが再開します。学校は再開できませんが、分散登校に向けて準備を進めています。先生方が手分けして校舎内の除菌作業と持ち帰りの物品をまとめる作業を行いました。分散登校の日程については道教委や町教委の方針をもとに決定次第お知らせいたします。
 3月3日(火)
子供達はお休みでも、先生方は勤務して学年末の評価等の業務を粛々と進めています。道教委から「分散登校」の話が出ましたので、本町でも今後検討して実施する場合はお知らせいたします。写真は吹奏楽少年団の発表会の様子です。2月末に開催できてよかったです。
 3月2日(月)
明日、全家庭に臨時休業延長のお知らせと家庭学習のてびき、6年生には卒業式の案内を同封して郵送いたします。休業中に家事をしたり、これまでの復習やまだ習っていない内容を自力で挑戦してみるなど、時間を有効に使うようご指導ください。皆さんが健康に生活していることを願っています
 2月28日(金)
臨時休業2日目です。今後もこのトピックスは継続していこうと思います。トップページのリンクに弟子屈町のホームページ「新型コロナウイルス関係」を貼りました。学習プリントもありますのでご活用ください。写真は4年生の体育の一コマ。こんな日が早く戻ってくることを願っています。
 2月27日(木)
新型コロナウイルス対策のため、本日より1週間臨時休校となります。3月5日から再開となります。26日は中学年の参観日。3年生はものの重さの勉強。4年生はポートボールでした。前日に引き続き保護者の方々は全員マスクを着用してくださっていまいた。感染防止への協力に感謝致します。
2月26日(水)
低学年の参観日がありました。1年生は音楽の発表会。2年生は親への感謝の手紙発表でした。どちらの学年も1年間の成長が見られる発表でした。2年生は親からも手紙をもらってとても喜んでいました。親子で「ありがとう」と言い合える機会はとても貴重です。
 2月25日(火)
1月30日に実施予定だった東京合唱協会の公演会。臨時休校のために中止となってしまいました。しかし、21日に再度来てくださることになり、素晴らしい合唱を聞かせてくれました。響きのある歌声と変化のある楽曲に驚きと感動の連続でした。一緒に歌う場面もあり、いい体験になりました。
  2月21日(金)
2年生が「おへそのひみつ」の勉強をしました。自分が生まれる前にお母さんのおなかの中でどうだったのか、おへそは何のためにあるのかを学びました。親への感謝に気持ちがあらためて湧いてきたようです。子供達は体をきれいに保つことや命の大切さ、不思議さを感じ取っていました。
 2月20日(木)
5年生の算数で「プログラミング的な思考力」を高めるために、教育出版社から出ているソフトを使って作図の学習をしました。先生方も参観し、来年度から本格実施される新学習指導要領に対応しようとする姿がありました。デジタルネイティブ世代の順応力の高さに驚きました。
 2月19日(水)
今年度の児童会の報告会と次年度の児童会三役の認証式がありました。各委員会の6年生が活動内容について報告し、感想や課題をわかりやすく述べました。また、各学年で選ばれた5名の児童を認証しました。5名とも原稿を見ずに抱負を堂々と述べることができ、今後が楽しみになりました。
 2月18日(火)
17日、今年度最後の「おはなしはらっぱ」の読み聞かせ会がありました。休み時間は自由参加でしたが低学年だけではなく高学年の参加もありました。3時間目は3年生での読み聞かせ。読み終わった時に3年生の子供達が作った創作絵本を手渡しました。感謝の気持ちを形に表せる3年生です。
 2月17日(月)
14日に新1年生の一日入学がありました。1年生が用意した昔の遊びを親子一緒に楽しんだり、5年生が考えた遊びで交流したりしました。保護者の方々も説明を聞き、入学までの準備を確認しました。生き生きとした子供達の姿や温かな目で我が子を見る保護者の姿がよかったです。
 2月14日(金)
延期になった全校NIE『まわし読み新聞』つくりを行いました。全校児童を縦割りの28班に分けて、自分の選んだ記事を紹介し、コメントを書き合いました。保護者も数人参加してくださり、各班が熱心に集中して活動する姿がとてもよかったです。
 2月13日(木)
2日間に分けて『シャッフル読み聞かせ』を実施しました。担任の先生以外が教室にきて本を読むという企画です。その先生の選ぶ本、読み方に個性が表れて子ども達も楽しみにしています。読んだ本は先生方のメッセージと共に図書コーナーに展示され、多くの子が手に取っています。
 2月12日(水)
3年生が3年生が社会科の学習の一環で、昔の道具や写真が展示されている「蔵」へ行ってきました。学芸員の方の説明を聞きながら昔の道具に興味津々。チェックシートを手に、様々な道具を探していました。また、石臼を回したり足踏みオルガンを弾いたりしながら楽しんで学習していました。
 2月10日(月)
7日の朝は放射冷却現象で冷え込みました。午前7時50分の玄関前の気温計はマイナス16.5度。そんな中、子ども達は白い息を吐きながら元気に登校しています。1年生もやっと休みの子が減り、教室が賑やかになりました。全校でインフルによる欠席者も減り、終息が見えてきました。
 2月7日(金)
3年生が国語の学習の一環で、町の行事を調べて報告しました。調べた行事は週末に実施される「摩周スノーランド」。イベントに関わる方に来ていただき、貴重なお話を聴かせていただきました。わかったことを玄関前のホールに展示しています。8日夜は本校のグラウンドから花火が上がります。
 2月6日(木)
町営リンクの状態が悪化し、5年生のスケート学習ができなくなりました。その分、6年生を送る会の準備を進めていました。看板を作ったり飾りを作ったり、進行を相談したりする姿は最高学年になる準備としてとてもよかったです。他の学年も感謝の気持ちを表現しようと準備しています。
 2月5日(水)
弟子屈町の先生方が一堂に集まり、第2回弟子屈町教育研究大会が本校で行われました。開会式ではご勇退される小林教育長から15年間の取り組みや今後に対する熱い想いが語られ、私たちも弟子屈町の教育をさらに充実させたいと強く思いました。小林教育長様、長い間ありがとうございました。
 2月4日(火)
1年生は土日にインフルを発症した子が多数出て、学級閉鎖を5日まで延長しました。3日今年度最後の児童委員会があり、6年生中心に反省をしたり掃除をしたりしていました。子供たちが自分たちの力で学校を楽しく、きれいに、元気いっぱいにしようと頑張る姿がたくさん見られました。
 2月3日(月)
29日、1年生はまだ元気いっぱいに外で学習していました。生活科「ふゆとあそぼう」で氷アートに挑戦。給食の牛乳パックの中に色水を入れて外に置き、色氷を作り、グループでそれを積んだり並べたりして楽しみました。雪をつけるなど工夫も見られ楽しい学習になりました。早く元気になあれ。
   1月31日(金)
1年生がインフルエンザによる欠席者が増え、さらに本日早退者が続出したため、学校医と相談し2月1日より3日までの3日間学級閉鎖といたします。他の学年でも欠席者がいますので、週末には人混みを避けて手洗いうがいに努めてください。
 1月30日(木)
本日は本町の小中学校全てが臨時休校となり、文化庁の合唱公演も中止となってしまいました。29日は地震後火災の発生という設定で避難訓練を実施しました。避難後の寒さに対応するため、防寒具を素早く着て安全に逃げることを重点にしました。昨年より早く全児童避難ができました。
 1月29日(水)
全学年が町営リンクでのスケート学習を実施することができました。5年生はスピードスケート、アイスホッケー、フィギュアそれぞれの特性に合わせて学習をしていました。大きなリンクでのびのびと楽しんでいます。今日の夜から大雪の予報です。明日の合唱公演会が開催できるか心配です。
 1月28日(火)
6年生は図工で『12年後の私』という学習をしています。将来の自分の姿を想像して紙粘土で作る学習です。この日は針金にひもを巻いたり、土台に打ち付けたりする作業でした。将来はどんな職業についているのでしょうか。子供達の完成した作品が楽しみです。
 1月27日(月)
地域参観日には多くの方々が授業の様子や子供の姿を参観しに来てくださいました。1年生が実施した生活科の『むかしの遊び』では保護者の方も参加して楽しみました。カルタやコマ、お手玉、おはじき、けん玉など放課後児童クラブにお借りしたものも多くあります。ご協力に感謝いたします。
 1月25日(土)
今日は地域参観日です。1時間目から公開していますが3時間目は全学級で道徳の学習をします。最近、雪を使った遊びをする子が増えています。裏山では段ボールに乗って滑る子や雪だるまを作る子がいて大賑わいです。インフルエンザに注意して楽しみます。
 1月24日(金)
3年生が保健で「かわる体」について学習しました。先生の赤ちゃんの頃の写真やお話、体重の変化に驚きながら成長や発育の素晴らしさを学びました。人の体の変化が示された図が掲示されると一斉に声が上がったもののの、大事な勉強であることに気づいて真剣に学習しました。
 1月23日(木)
松浦武四郎氏のつながりで交流をもっている松阪市立小野江小学校から手作りのしめ縄が届きました。これまでいただいたものと一緒に玄関前ホールに展示しています。伊勢神宮に近い松阪市は年中しめ縄を飾るのが風習となっています。本校も支援員さんの素晴らしい掲示物と共に飾っています。
 1月22日(水)
文化庁による東京合唱協会から6人の方が来校され、ワークショップが行われました。本格的なオペラのような歌声に驚いていました。体から声を出す発声方法を教えてもらい、声がぐんと変わりました。本公演は1月30日13時30分より本校の体育館で行いますので是非ご来校ください。
 1月21日(火)
暖冬と少雪の影響で校庭のスケートリンクが未完成です。そこで全学年が町営リンクで学習することにしました。まずは1年生。雪の中でお母さん方のお手伝いをいただきながら頑張りました。たくさん転びましたが、「とても楽しかった!」といい笑顔を見せてくれました。
 1月20日(月)
保健室の前に健康に関わる体験型の掲示物が掲示され、多くの子供達が楽しみながら学んでいます。今回は「だるまちゃんおみくじ」です。七種類の色がついた棒をを引いて、その色のだるまちゃんをめくると大吉や小吉などが書かれ、健康で注意すべき点を教えてくれます。楽しく学べます。
 1月17 日(金)
3学期がスタートしました。インフルエンザによる欠席者は0人。このまま最後までいってほしいと願っています。始業式後、各学級では復習テストを静かに実施したり、冬休みの作品紹介を見合ったり、学級のめあてを考えたりしていました。一日一日を大切に過ごしていきます。
 1月16日(木)
本年もよろしく御願いいたします。14日,15日に冬休み学習会を実施しました。半数以上の児童が参加し、大学生も指導の補助に来てくれて充実したスタッフで学習することができました。今日から3学期スタートです。来年度に向けての土台作りをしっかりとやっていきます。
  12月25 日(水)
2学期終業式が行われました。静かに立ったり座ったりできることが子供の状態を測る一つのバロメーター。全学級がとてもいい姿で参加することができました。2年生と5年生の代表が2学期に頑張ったことと冬休みや3学期に努力することを堂々と発表しました。聞き方も素晴らしかったです。
 12月24日(火)
インフルエンザによる欠席者がいない状態で2学期を終えることができます。学校、家庭はもとより放課後児童クラブや少年団活動も含めて健康管理をしっかりしてくれているからです。感謝いたします。各学級ではお楽しみ会を開催し、2学期の終わりを楽しく締めくくっていました。
 12月23日(月)
先日の朝会で「いざ挑戦」の中間発表があり、1〜3年生の部と4〜6年生の部のベスト5が発表されました。跳べた回数と挑戦した回数の発表でした。名前を呼ばれた子は全校児童から拍手されてとても嬉しそうでした。20日の2学期最後の「いざ挑戦!」にも多くの子が参加していました。
 12月20日(金)
2年生が年賀はがきの書き方の勉強をしました。弟子屈郵便局長さんと帯広郵便局の方が来てくださり、宛名の書き方などを詳しく教えいただきました。子供達は名前や住所等を丁寧に表面に書き、裏面には干支のネズミの絵や心温まる言葉を書いていました。
 12月19日(木)
3学期に本格的に行うスケート学習のため、1年生がスケート靴のはき方と脱ぎ方の練習をしました。1年生にとってスケート靴をはくことは大きな課題です。紐の締め方と結び方、紐のゆるめ方とバッグへのしまい方を練習しました。次は体育館でマットの上を歩く練習をします。
   12月18日(水)
2学期も終わりが近づき、縦割班清掃の反省会を体育館行いました。まずは掃き掃除や拭き掃除などで素晴らしい掃除をしている子の写真を見合いました。細かいところまで気を配って丁寧に掃除をする子が増えてきました。個人の反省と班の反省もしっかりでき、落ち着きが感じられます。
 12月17日(火)
毎朝、生活委員会が玄関で挨拶運動をしています。氷点下になるときは中で挨拶しますが、少し暖かい時は外で元気に挨拶してくれます。6年生はポスターを持って笑顔でいい挨拶ができるよう啓発しています。委員会の頑張りもあり、寒さに負けずいい声で挨拶できるようになってきました。
 12月16日(月)
6年生が総合的な学習で、将来の夢やなりたい職業、興味のある仕事などキャリア教育につながる内容を学んでいます。夢を叶えるためにはどうすればいいのかを調べ、弟子屈町とどのような関連があるのか、また貢献できるのかを考えてまとめています。未来の弟子屈町を創る子供達です。
 12月13日(金)
けんこう委員会が企画した「ランダム鬼ごっこ」が始まりました。各委員会が活発に活動して、学校に勢いが生まれています。この日は1年生と4年生。袋から選んだ「けいどろ」をして楽しみました。体育館いっぱいに逃げ回り、汗をたくさんかきました。
  12月12日(木)
ふれあい委員会が企画した「交流給食」が始まりました。今回は2年生と6年生が多目的ホールで一緒に食べました。クイズもあり、みんなで楽しみながら学年を越えて交流しました。準備や後片付けで協力する姿やが手伝う姿が見られて成長を感じました。
  12月11日(水)
学力調査(CRT)を全学年で実施しました。これまで学習した内容をどれくらい習得しているかを評価するものです。国語、算数、社会、理科、(低学年は生活)に加えIチェックという学習や生活に対する質問に答えて自分を振り返りました。結果は2月頃になる予定です。
  12月10日(火)
7日の土曜授業の後に単P研が開催されました。農協の方に協力いただき、親子で「牛乳もち、ぎょうざピザ作り」を行いました。参加者は保護者15名、児童幼児25名の計40名。講師の方々も9名来て、とても賑やかな調理実習となりました。協力しながら作ったので美味しい料理ができました。
 12月9日(月)
大掃除週間です。各分担箇所をいつもより丁寧に掃除しています。今年のスローガン『凡事徹底』ですので、日頃から先生方も一緒になって掃除をしています。先日訪問したJICAの方々もその姿に驚いていました。雑巾の汚れを手もみで洗い落とすことや絞ることが上手になってきました。
  12月7日(土)
2年生が町内のお店や銀行、駅や郵便局に行って勉強したり一緒に働かせてもらったりしました。お店ではレジを打たせてもらったり配膳を手伝わせてもらったりしました。駅や郵便局、銀行では見学を通して仕事の仕組みを教えていただきました。キャリア教育の基礎を作る貴重な学習でした。
 12月6日(金)
今、3年生がタグラグビー、6年生がタッチフットボールを行っています。中学校からベルトをお借りしたので、1年生もしっぽ取りゲームをしています。作戦を考えながら、汗をかいて走り回っています。ラグビーワールドカップ日本大会の熱気が本校で続いています。
 12月5日(木)
今週は毎朝「姿勢体操」をしています。姿勢を正しくして、深く呼吸をするために作りました。朝から姿勢が崩れてしまう子や居眠りをしてしまう子もいるからです。また、保健室前には目を閉じて50回足踏みをした後の結果から、姿勢のゆがみを自覚するスペースがあります。姿勢は大切です。
 12月4日(水)
2学期後半の図工は版画をしている学年が多いです。2年生は紙版画に取り組みました。動きのある構図になるように工夫して粘り強く作っていました。中には側転の絵もあり発想の豊かさを感じます。4年生と5年生は木版画に挑戦し、彫刻刀を上手に使った作品に仕上げています。
 12月3日(火)
5年生も4年生に向けて宿泊研修のでの体験や学びをまとめて、発表会をしました。パワーポイントでわかりやすく表現したり、写真を拡大して見せたり、大切なことを黒板に書いたりしていました。クイズ形式で考えさせる班もあり、工夫が見える発表会になりました。学びがつながっています。
 12月2日(月)
弟子屈町の若い先生方が「若者の会」を作り、定期的に勉強会をしています。29日に奥春別小、和琴小、川湯小の若い先生が来て、本校の児童に授業してくれました。いつもと違う児童数に戸惑いながらもで頑張って指導してくれました。本校の先生、児童もいい刺激を受けました。
11月29日(金)
高学年の家庭科でミシンを使って裁縫の学習をしています。「エプロン」「ナップサック」を作っていますが、悪戦苦闘中。みんなで協力しながら、順番を守ってミシンがけやアイロンがけをしています。少しずつ完成に近づいてきました。自分で使うものを作るのはいいことです。
 11月28日(木)
6年生が修学旅行で行った網走市と弟子屈町の比較し、壁新聞にまとめました。それを5年生に向けてわかりやすく伝えました。相手を意識して発表練習する6年生の姿が良かったですし、発表を真剣に聞く5年生の姿も立派でした。学びがつながっていく感じがしました。
 11月27日(水)
札幌の助産院のよしゆうこ助産師が本校に来てくださり、「いのちってなんだろう?」というテーマで貴重な学習をしてくださいました。町内の6年生が集まって、意見を交流しながらの学びは新鮮さもありました。赤ちゃんの人形を抱いたり心音を聞いたりしながら命の大切さを学びました。
 11月26日(火)
今週は保護者参観日が予定されています。25日は低学年、26日は中学年、そして27日は高学年です。授業参観後、学級懇談会も開催されます。2学期の子供達の様子(成長と課題)、冬休みの過ごし方の留意点などを担任が提供し、保護者からの質問・意見や交流の時間となっています。
 11月25日(月)
JICA研修員と全校児童による交流会を行いました。それぞれの国の○×クイズやジャンケン列車で大盛り上がり。給食を各教室で食べ、掃除を見学してもらった後、午後からは3年生との交流会でした。日本の文化や遊びを研修員に体験してもらいました。外国人と触れ合う貴重な場となりました
 11月22日(金)
今日、JICA研修員学校訪問があります。中南米11カ国から13名の研修生が来校します。全校児童との交流会と給食交流、3年生との勉強会があります。21日は全校朝会で事前の勉強会をしました。玄関前にも各国の国旗が飾られて、おもてなしの心も高まっています。
11月21日(木)
サポートA学級では、自分たちで育ててきたカボチャを使って、調理実習をしました。柔らかく甘いカボチャのプリン、粉砂糖をたっぷりかけたカボチャ団子、そしてショートブレッドの3品です。協力しながら料理し、お世話になっている先生方を招待して食べてもらいました。
 11月20日(水)
町内の1年生とこども園、保育園の年長さんがが集まって、「ましゅうランド」が開催されました。これまで生活科で準備してきたお店やさんに多くの子供たちが来店して楽しみました。各グループで協力してお店を紹介したり、優しく声をかけてあげたりする姿がたくさん見られました。
 11月19日(火)
わくわく登校デーがありました。来年度、弟子屈中学校に進学する予定の弟小、奥春別小、和琴小、美留和小の6年生が一緒に学ぶ貴重な一日でした。今年度は小規模校の子供たちと机を並べて全時間中学校の先生に指導を受けました。子供たちはわくわくしながら勉強していました。
 11月18日(月)
児童会が中心に実施していた、赤い羽根募金運動が終了しました。自分のお小遣いから分けて持ってきた募金の合計5561円を、弟子屈町共同募金委員会の会長さんにお渡ししました。児童会長の「みなさんのために役立ててください」という言葉がとてもよかったです。
 11月15日(金)
弟子屈町文化交流フェスティバルが本校の体育館で開催されました。こども園ましゅう・川湯保育園から弟子屈高校まで教職員を含めて約700人が集まり、合唱・ダンス・演舞・リコーダー演奏などを披露しました。圧巻だったのは全員による「弟子屈町民の歌」。体育館が揺れるほどの歌声でした。
 11月14日(木)
様々な先生から学ぶことを大切にしています。中学校へ行けば教科担任制になり、多くの先生から学ぶことになりますし、複数の目で子供を見る良さがあるからです。校長先生も4年生の体育の授業に入って「跳び箱運動」の指導しています。子供たちはどんどん上達しています。
 11月13日(水)
今週は朝学習週間。どの学年も話し声が聞こえない静かな環境で集中して取り組んでいます。本校にとっては大きな進歩です。凡事徹底の積み重ねで、ここまできました。放課後学習も計画的に実施しています。授業と授業外の学習と家庭学習をリンクさせて学力向上に努めています。
 11月12日(火)
食育の指導が計画的に実施されています。この日は3年生。栄養教諭が来校し、食品のはたらきについて教えてくださいました。また、「だし」の味を覚えるためにだし汁を飲んだり、人間の体と同程度の濃度の塩味のお湯を飲んだりしました。「味覚」についての楽しい学習でした。
 11月11日(月)
児童会主催の企画の中休みに異学年で遊ぶ集会が実施されています。この日は1,2年生がジャンケン列車で楽しみました。ジャンケンのたびに大歓声が体育館に響き渡りました。最後は1年生の男の子が残り、みんなから大きな拍手をもらいました。楽しい時間を共有しています。
 11月8日(金)
本校の自主公開研究会がありました。釧路教育局の指導主事、本町の教育長と指導室長、釧路市や弟子屈町内から多くの先生方が参加してくださいました。道徳の教え方について2・3・6年生の授業を通して学び合いました。写真は分科会の様子です。良かった点と改善点を交流しています。
11月7日(木)
子供たちがお互いに高め合う学級作り・学校作りが今年度の方針の一つです。児童委員会の活動が昨年よりも活性化し、楽しい企画や新しい挑戦をしています。図書委員会も本をたくさん借りる(HTK)キャンペーンを実施中。多くの児童が本を借りに来ていました。
 11月6日(水)
6年生は5年生のために修学旅行の学びを新聞にまとめています。また、5年生は4年生のために宿泊研修の体験をまとめています。上級生が下級生のために大切なことを伝えていく学習は相手意識が高まり、有意義だと考えています。こうして先輩のよき学びをつなげていきます。
 11月5日(火)
11月19日に「ましゅうランド」という行事があります。町内のすべての1年生と年長さんが弟子屈小学校の体育館に集まって交流します。お店屋さんごっこのような形になるので、本校の1年生は拾ってきたどんぐりや落ち葉を活用して、ゲームや景品を作っています。楽しんでもらえるかな。
  11月1日(金)
学級の学習規律の目標を決め、頑張ることを発表し合うブロック集会がありました。4年生から6年生はそれぞれに自分たちの課題にあった目標を発表しましたが、共通した目標は「机の中を整理する」でした。次回は取り組んできた結果を発表します。規律を意識した生活ができています。
   10月31日(木)
英会話への興味・関心を高めるため、道教委、町教委が連携した「英語deトライ」を4年生で実施しました。ALT2名、弟中と川中の英語の先生が3名のお手伝いを得て、体育館で動きのある英会話の学習をしました。大きな声で英語が飛び交い、とても楽しい学習になりました。
 10月30日(水)
児童会で赤い羽根募金の運動を開始しました。ご家庭へ協力のお願いを配布し、朝に玄関前に立って募金のお願いをしています。さっそく自分のお小遣いから募金をしてくれる子がいました。人のために役立つ方法は様々ですが、このような運動を通して心が育ってほしいと願っています。
 10月29日(火)
読書の秋。読書週間が始まり、シャッフル読み聞かせがありました。担任以外の先生が来て、読み聞かせをします。教頭先生もサポート教室で楽しい読み聞かせをしました。子供たちは笑いながら、楽しそうに聞いていました。支援員の先生も含めて実施しています。
 10月28日(月)
体育では跳び箱遊びや跳び箱運動を楽しむ学年が増えてきました。低学年も様々な動きに挑戦しながら、跳び越す動きに挑戦しています。2年生はよい動きの見本を見ながら、どうしたらきれいに跳べるか、どうしたら安定した着地ができるかを学んでいました。体も頭も心も使って学習しています。
 10月25日(金)
毎月、保健の掲示コーナーに様々な工夫を凝らした掲示物が張り出されます。今月は目に関する掲示物がずらり。自分で視力を確かめられたり、目の錯覚や目によい食べ物クイズなどが掲示されていて、子供たちは楽しみながら健康に関する知識を深めています。
 10月24日(木)
全町の小学生が弟小に集まって芸術鑑賞会が開かれました。函館の音楽グループ「ひのき座」の皆さんが、掛け声や手拍子、踊りなどの参加型の演出で楽しませてくれました。太鼓の試し打ちでは子供や先生の参加もあって盛り上がりました。時間が過ぎるのがあっという間でした。
 10月23日(水)
秋が深まってきましたが、体育では鉄棒や跳び箱運動を行っている学年が多いです。鉄棒では色々なぶらさがりを練習してから各種の技に挑戦しています。跳び箱も腕支持の運動をしてから跳び越し、跳び降り運動に入っています。「できた!」という喜びが次へのエネルギーになっています。
 10月21日(月)
5年生が北海道新聞社釧路工場に行って、新聞ができあがる工程の勉強をしてきました。70%がリサイクルによって作られていることや作業の多くは最新の機械によって作られていることを学びました。1秒間に20部できることを知って驚いていました。いい学びができました。
 10月18日(金)
3年生が町民農園の隣にあるブドウ畑に行き、ブドウ狩り体験をしてきました。ワイン用の黒いブドウをバケツに溢れるほど刈り取りました。味見を勧められて食べてみると、「普段食べているブドウより酸っぱい」「小さいのに一粒一粒に種がある」など多くの発見がありました。
  10月17日(木)
1年生が生活科の「秋と友だち」という学習で、弟子屈神社に行って「落ち葉」「どんぐり」「くるみ」「松ぼっくり」などを集めました。ひらひらと舞い落ちるもみじの中で子供たちは喜々として集めました。森には新しい発見がいっぱいあったようです。
 10月16日(水)
文化祭の後片付けや各係の反省会を行いました。高学年は体育館を片付け、中学年は掲示物を撤去し、低学年は玄関や廊下を掃除しました。どの学年も一生懸命に働いていました。その姿に成長を感じます。委員会では来年に引き継ぐことが話し合われました。
 10月15日(火)
台風の影響を受けながらも、何とか予定通りに文化祭の地域公開を実施することができました。多くの方々に来場していただき、心から感謝申し上げます。今日は後片付けと反省です。ここまでが文化祭。各学級、委員会が分担して会場を整理整頓するとともに成果と課題を来年へつないでいきます。
 10月13日(日)
台風19号の影響で文化祭の開催が危ぶまれていましたが、気象台によると弟子屈町には警報が出る見込みがないというなので、予定通り開催することといたします。しかし、風雨が強いので十分注意してお越しください。開演は9時からの予定です。
 10月11日(金)
文化祭は図工やクラブで作った作品も掲示しています。特にクラブでは書道、イラスト、写真、プラモデルの作品が掲示されています。各学級の絵もそれぞれに力作が並んでいます。来場の際にはごゆっくりご覧ください。ただ、台風19号の影響がありそうですのでご注意ください。
 10月10日(木)
文化祭の児童公開日では、それぞれの学年が学習してきた成果を発表しました。学年のカラーが出た演目ばかりで、見ている子供たちも一体となった楽しいひと時でした。係活動も責任感が見えて感心しましたした。地域公開日の13日も各学級のよさを発揮できるできるよう頑張ります。
 10月9日(水)
文化祭に向けて会場を準備しました。カーペットを敷き、パイプ椅子や照明器具、ステージ前の台を出しました。掲示板には各学年の絵が貼られ、一気に文化祭モードになりました。今日は児童公開日です。これまでの練習の成果を子供同士で見合います。
 10月8日(火)
昨年に引き続き、国際的な調査である『土壌凍結深測定プログラム』を4年生がやることになりました。アラスカ大学の吉川教授、宮城大学の原田教授が来校し、興味深い話をたくさんしてくださいました。釧路管内では本校のみの参加となります。12月から3月まで調査する予定です。
 10月7日(月)
3年生が渡辺体験牧場に行って、酪農の勉強をしてきました。牛の乳搾りは恐る恐るでしたが頑張って搾りました。また、牛乳を振り続けてバター作りにも挑戦しました。「なぜ、おっぱい牛乳は甘く感じるのですか?」などの質問にも丁寧に答えてくださり、内容の濃い学習になりました。
 10月4日(金)
4年生の子供たちが各学年の先生や子供に対して文化祭に関するインタビューをして「文化祭の見どころ新聞」を作成しました。作品展が始まるまで、玄関前のホールに掲示しています。各学年の見どころが紹介されていておもしろいです。見出しも工夫されていて読みやすい新聞になりました。
  10月3日(木)
文化祭に向けての練習に熱が入ってきました。全校合唱の練習を体育館で行いました。曲名は「TOMORROW(トモロー)」。各学級で練習してきたので、いい声で歌うことができました。高学年が低音部をしっかりと歌い、美しい二部合唱ができています。本番ではさらに良くなると思います。
 10月2日(水)
3年生が社会科見学で早瀬農場と金沢農場に行って、農業の学習をしてきました。仕事の工夫についてインタビューをして学んだ後、広い農場でじゃがいも掘りをさせていただきました。また、おいしい「ふかしいも」をいただきました。今年の3年生は食がいいね!と褒められていました。
 10月1日(火)
サポート学級の子供たち全員が標茶町の子供たちと交流会を行いました。磯分内の酪農センターでニュースポーツ体験をしました。班の仲間たちと教え合ったり、励まし合ったりしながら楽しみました。お昼には丸くなってお弁当を食べ、楽しい一時を過ごしました。写真はスパイダーボールです。
 9月30日(月)
5年生が宿泊研修から帰ってきました。二日間にわたり天候に恵まれ、目標通りに仲間と協力し、責任をもって行動する姿が見られました。特に野外炊飯では自分の役割を自覚し、火起こしや米とぎ、野菜のカットをし、おいしいカレーライスができあがりました。後片付けも素晴らしかったです。
 9月27日(金)
26・27日、5年生が宿泊研修を実施しています。厚岸町で水産学習をしてから、ネイパル厚岸で様々な体験学習をします。フォトラリーや野外炊飯など友達と協力しながら楽しんでいるようです。事前学習や準備が生きています。この学びや体験、絆を文化祭でも活かせるようにしていきます。
 9月26日(木)
文化祭の地域公開日は10月13日(日)に予定されております。児童公開日は9日です。音楽や踊り、劇の発表の他、絵画作品などの展示もあります。各学年では練習に熱が入ってきました。写真は2年生。消防署に行ってスケッチした消防車に色をつけて完成を目指しています。とても上手です。
 9月25日(水)
6年生の教室に栄養士さんが来て、食育の指導をしてくださいました。理想的な朝ごはんを考える学習です。炭水化物、タンパク質、ビタミンが含まれていることが課題でした。班ごとに理想的なメニューを考えて発表し合いました。日頃の朝食と比較しながら活発に意見を出し合っていました。
 9月24日(火)
NIE(教育に新聞を)の実践で全校縦割班による「回し読み新聞」作りを実施しました。体育館に全校児童が集まってそれぞれが持ち寄った記事を交流し、一枚の新聞にしました。頭を寄せ合って記事を読み合ったり、感想を聞き合ったりする姿がいいなと感じました。今後、廊下に掲示いたします。
 9月20日(金)
5年生が社会科見学で、釧路町にある高橋商会へ行って学習してきました。「工業生産を支える人々」の学習です。係の人から車のリサイクル、リデュース、リユースの大切さの説明を聞き、実際に解体をしている様子を見学させていただきました。初めて見る機械や工程に驚きながら学びました。
 9月19日(木)
17日に玉川大学の工藤先生から小学校英語の指導法や評価法を全員で学びました。来年から新学習指導要領が本格実施となり、中学年から外国語活動が始まります。また高学年は英語科となりより本格的な学習になります。写真は3年生。アルファベットを学習していました。
 9月18日(水)
今年度よりNIE(新聞を教育に)実践校となりました。そこで全校で縦割班を活用して「まわし読み」新聞を作成してみることにしました。まずは1年生から6年生まで好きな新聞記事を選ぶことから始めました。20日には選んだ記事とコメントを交流して一枚の新聞に仕上げる予定です。
 9月17日(火)
クラブの2回目がありました。茶道、書道、琴、将棋・囲碁クラブに地域の方が入ってくださっています。本格的な指導は子供にも響き、めざましい成長が見られます。茶道クラブはお茶をたてる所作やお茶のいただき方など細かなところまで教えていただき、礼儀作法の美しさに感心しました。
 9月13日(金)
1年生が生活科見学で釧路市動物園に行ってきました。キリンやライオンなどをじっくり見た後、「こどもどうぶつえん」のコーナーでウサギやモルモットと触れ合いました。子供たちは動物の温かさやふわふわの感触を確かめました。動物園で命の大切さを学びました。
  9月12日(木)
修学旅行2日目は常呂町のカーリング場に行って、カーリング体験をしてきました。思ったよりも難しく、バランスが取れずに転ぶ子もたくさんいました。ただし、少しずつ慣れてきて、最後は簡易ゲームをして楽しみました。午後からの北見ファミリーランドは降雨のため早めに切り上げました。
   9月11日(水)
6年生が10日、11日と修学旅行に行ってきました。昨年と行き先を変更し、網走、北見方面に行きました。弟子屈からの距離が近いということで、たくさんの施設に訪問し体験的な学習ができました。ホテルでも約束を守って、楽しい時間を過ごすことができたようです。
 9月10日(火)
クラブ活動が始まりました。今年は地域の方々の協力を得て、学校教育ではゆっくり実践できないことをクラブで楽しむことをコンセプトにしています。今年復活したのが琴クラブ。他に卓球クラブやバドミントンクラブ、書道クラブが新設されました。地域の方々のご指導に感謝いたします。
 9月9日(月)
クリーンデーには30名ほどの保護者の方が来校して、いつもはできない所の清掃を手伝ってくださいました。子供と一緒に熱心に掃除をしてくださり、教室が一気にきれいになりました。お忙しいところご参加くださった保護者の皆様に心から感謝申し上げます。
 9月7日(土)
今日は土曜授業の日。3時間目にはPTAと一緒に校舎内の清掃活動も行います。児童委員会では楽しい企画がどんどん出ています。放送委員会はテレビ放送を使っての紙芝居やクイズを出して全校児童に楽しんでもらっています。6年生が中心となって下級生が協力し、いい活動をしています。
 9月6日(金)
持久力を高めるために、チャレンジランという取組をしています。高学年は校舎の周りを3周約3キロメートル走ります。低、中、高それぞれに走る距離を変えながら、休み時間や体育の時間を使って自分の記録に挑戦しています。自己新記録を出せるよう、約2週間頑張ります。
 9月5日(木)
ふれあい委員会が企画したブロック遊びがありました。今回は3年生と5年生が一緒に遊びました。じゃんけん鬼という遊びでした。体育館全部を使って、大騒ぎしながら走り回って楽しみました。最後にふれあい委員会の子の話もしっかり聞けて立派でした。
 9月4日(水)
4年生が花壇の草取りをしてくれました。マリーゴールドやベコニア、サルビアなどが咲き続けていますが、今月末くらいでそれも終わりを迎えます。最後まできれいに見えるように4年生は雑草を抜きました。農園や花壇の維持はなかなか大変です。4年生の活動がありがたかったです。
 9月3日(火)
2年生が消防署に行って、消防車の絵を描きました。消防署の方が、描きやすいようにと2台の消防車を前に出してくださいました。子供たちは消防車に近づいて細かいところまでじっくりと観察しながら力強く描いていました。完成した作品は文化祭に披露することになります。
 9月2日(月)
三重県松阪市の松浦武四郎記念館、主任学芸員の山本命さんが本校に来てくださり、本校と川湯小の高学年に貴重なお話をしてくださいました。北海道という名前の生みの親とも言える松浦武四郎さんの故郷の松阪市が弟子屈町と交流してくれる幸運を感じました。
 8月30日(金)
休み時間に予告なしの避難訓練を実施しました。みんなばらばらに遊んでいる状態で、近くに先生がいるわけでもありません。放送の内容を聞いて自分の身を守り、揺れが収まったら外に避難しました。弟子屈消防署の方にも指導いただき、自分で自分の命を守る大切さを学びました。
 8月29日(木)
6年生サポート学級の子供たちが育ててきたイモの収穫をしました。枯れた茎の周辺を掘ると形のいい大きなイモがごろごろと出てきました。子供たちは大満足。他の学年も豆やキュウリ、ミニトマトなどの収穫をしています。一つの種からたくさん収穫できる自然の偉大さを実感しています。
 8月28日(水)
晴天の下、1年生が砂湯に行ってきました。「砂や土と仲良し」という図工と「夏と遊ぼうという」生活科を合わせた学習でした。子供たちは夢中で砂遊びをしたり、砂を掘って温泉を作ったりしていました。水鉄砲で遊ぶ子や魚を捕まえる子などもいて、全員が夏をいっぱい楽しみました。
 8月27日(火)
話す、聞く力を高める学習も大切にしています。5年生がディベートの学習をしていました。みんなの前で自分の意見を言うことは勇気のいることです。また、人の話を聴いて自分との違いに気づき反論することは至難の業といえます。これからの時代に求められる大切な学習です。
 8月26日(月)
2階の廊下と3階の多目的ホールには、夏休みの作品がずらりと並んでいます。工夫の凝らした工作や絵、習字、体験や本を読んで調べた自由研究など、どれも力作ばかりです。今月末まで校内展示していますので、時間を見つけてご覧ください。9月13日より町の作品展もあります。
  8月23日(金)
2学期がスタートしました。子供たちは夏休みの自由研究をもって元気に登校しました。いい笑顔、いい声で挨拶する子供たちは輝いていました。2学期も保護者の皆様や地域の方々と協力しながら教育を進めて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 7月26日(金)
1学期が終了します。これまで様々なところでご協力いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。2年生と5年生で人権教室を行いました。人権擁護委員の方にいじめをなくすための大切なことを教えていただきました。2年生はマモル君の登場に大喜び。皆様よい夏休みをお過ごしください。
 7月25日(木)
1学期も残り2日となりました。各学級では最後のまとめや整理整頓、作品の持ち帰りなどをしています。ひと雨降った後に気温が20度を超えたので5年生は外でハードル走を学習しました。自分の能力に合ったコースを選んで、リズムよく跳び越していました。
 7月24日(水)
2年生が釧路川に行ってヤマメの稚魚の放流をしてきました。「釧路リバープロテクション21の会」の方々による川の環境維持活動の一環です。子供たちはバケツに入った稚魚を恐る恐る放流することができました。その後、大きなニジマスに直接触れる体験をさせてもらいました。
 7月23日(火)
3年生は初めての毛筆習字の学習をしています。筆に墨をつけて、筆を正しく持って、いい姿勢で書くことを基本にして、手本を見ながら真剣に練習を重ねています。この日は右はらいと左はらいの練習をしていました。「大」という字を上手に書けるようになりました。
 7月22日(月)
体力テストの20メートルシャトルランを実施しました。1年と6年、2年と5年、3年と4年が協力し応援し合いながら走りました。また、保護者の方も手伝いに来てくださりとても助かりました。昨年度よりも記録が向上した子がたくさんいました。限界まで頑張ろうとする姿がよかったです。
 7月19日(金)
学校歯科医の先生が来校され、3年生と5年生に指導してくださいました。虫歯のでき方、歯磨きの仕方などを詳しく教えてくださいました。5年生は赤染めをして自分の歯磨きのくせや磨き残しについて確認しました。真っ赤になる子もいたようです。貴重な学びの機会となりました。
 7月18日(木)
4年生が総合的な学習で学んできたことを壁新聞にまとめました。町役場の方と保護者が見守る中、5つの班が学んだことや体験したこと、感じたことを堂々と発表しました。その後、役場の方に講評をいただき、さらに弟子屈の魅力を教えていただきました。壁新聞は9月頃、公民館に掲示します。
 7月17日(水)
朝、全校児童が体育館に集まって、一学期の掃除の振り返りをしました。個人の反省をした後に、6年生がリーダーとなって班の話し合いをしました。掃除の姿は子供や学級、学校の状態を反映します。協力しながら一生懸命に働く姿をたくさん見ることができて、とても嬉しく思っています。
 7月16日(火)
5年生が総合的な学習の一環で更科源蔵資料館に行ってきました。弟子屈町出身の偉人を事前に学習していたので、説明してくださった方にたくさん質問していました。その後、お弁当を食べて隣にある「森の公園」でたくさん遊びました。宿泊研修に向けていい学習ができました。
 7月12日(金)
アメリカのシカゴ市の小学校で日本語を指導している山本亜衣理さんが夏休みを利用して本校に来てくださいました。この日は2・3年生対象でした。アメリカの新聞やチラシ、お金を手にしたり、現地の学校の様子を紹介した写真を見たりながら楽しい学習が展開されました。全学年実施します。
 7月11日(木)
全校で体力テストを実施しました。縦割班で移動しながら各種目に挑戦しました。今回は50メートル走とシャトルランを除いた握力、長座体前屈、反復横跳び、ボール投げ、立ち幅跳び、上体起こしの6種目をやりました。6年生が各班の仲間を従えてしっかりと行動している姿が立派でした。
 7月10日(水)
今年度も「おはなしはらっぱ」さんが本の読み聞かせを実施してくださっています。この日は休み時間に実施する参加者フリーの読み聞かせと、1年生への読み聞かせでした。最後はお礼に1年生が「大きなかぶ」の劇を見てくださいました。子供たちの元気いっぱいな姿を見ていただきました。
 7月9日(火)
6日に本校の体育館で、小学校と中学校の合同での吹奏楽コンサートが開かれました。小学校の発表と中学校の発表があった後、合同で演奏をしました。多くの先輩たちに囲まれて、いつもと違う大音量での演奏を体験できました。小中連携がこのような形でも進むことはいいことです。
 7月8日(月)
6年生の授業参観の内容は防犯教室でした。弟子屈警察署の方に来ていただいて体育館で実施しました。本校もインターネットを活用し、ゲームやSNS、動画サイトを見ている子が多いので、今回の学びはとても貴重です。事件や事故、いじめに発展しないよう、ルールを守った使い方が大切です。
  7月5日(金)
低学年の参観日は保護者の方の参加がとても多くなります。子供たちも自分の親が来ているか気にしながら学習をしているところがかわいらしいところです。1年生は算数、2年生は国語の学習をしていました。2年生は「まとめていうと」という内容をクイズ形式で楽しく学習していました。
 7月4日(木)
3日は中学年、4日は低学年、5日は高学年の保護者参観日です。3年生の教室では英語を使った先生クイズを行っていました。英語のヒントを聞きながらどの先生かを当てていました。先生のことも詳しく知らないと答えられない楽しい学習でした。保護者の方も楽しめたと思います。
 7月3日(水)
1年生は生活科でアサガオを植えました。芽が出てツルが伸びてきたので、玄関前の花壇の脇に並べました。朝や休み時間に来て、水をやったり、言葉をかけたりする様子が見られます。きっと子供たちの思いが届いて、きれいな花を咲かすことでしょう。
 7月2日(火)
算数の勉強では実感的な理解ができるように様々な工夫をしています。特に長さの勉強では100メートルを歩いてみたり、廊下の長さや壁の高さをを測ったりしていました。体力テストも近づき、立ち幅跳びの練習と長さの勉強を関連させて学習している教室もありました。
 6月28日(金)
聞く力を高めようと4月から頑張っています。それと同時に姿勢をよくすることも指導しています。背中が丸まり姿勢が崩れてしまう子が多くいるからです。1年生は腰骨を立てる指導をしました。姿勢がよくなると聞き方もよくなります。7月1日は119回目の開校記念日で休業日となります。
 6月27日(木)
4年生はこれまで学んできた総合的な学習の勉強を壁新聞にまとめようと頑張っています。班で記事を分担しながら、構成を考えたり見出しや題名を話し合っていました。学んだことを協力しながら表現することは大切なことです。完成した壁新聞を読むのが楽しみです。
   6月26日(水)
3年生が社会科「私たちの町の様子」の一環で、摩周湖、屈斜路湖、900草原の見学をしました。また、窪内さんの農場に行ってメロン栽培の説明を聞いたり、間引きしたメロンを触らせてもらったりしました。美しい自然を体感し、特産品に触れて、改めて弟子屈町のよさを実感できました。
 6月25日(火)
今年も縦割班で掃除を行っています。廊下を雑巾がけする子や、ほうきで丁寧に掃く子、モップをかける子など様々ですが、どの子も一生懸命に働いています。雑巾の汚れを落とし、しっかり絞れるようになった子が多くいるので、バケツの水がいつも真っ黒になります。掃除がうまくなりました。
  6月24日(月)
5年生が総合的な学習の一環でアイヌ民俗資料館に行ってきました。学芸員さんからの説明や動画を視聴してアイヌ文化の奥深さを学びました。また、松浦武四郎さんについても学びました。8月30日には三重県松阪市の学芸員さんが来町して詳しく教えていただける予定です。
 6月21日(金)
弟子屈警察署に4年生が訪問し、交通安全指導とともにひまわりの種プロジェクトに参加しました。2011年に交通事故で亡くなった4歳の子どもが育てていたひまわりの種を全国に広げて、交通安全の意識を高めていくプロジェクトです。学校の花壇にも植えました。大きく育ってね。
 6月20 日(木)
運動会の振替休みがなかったのですが、子供たちは元気に登校してくれました。1時間目は後片付けの時間でした。各委員会が自分たちの仕事を進んでやる姿が見られました。使った用具や机、椅子まできれいに片付けることができました。後片付けの姿がとても良かったです。
   6月19日(水)
大雨と暴風が通過した18日(火)に運動会を実施しました。平日開催にもかかわらず多くの保護者の方が応援に駆けつけてくださいました。練習してきた成果を存分に発揮できた運動会になりました。また、熱い絵応援、係活動も素晴らしかったです。子どもの成長を感じた運動会となりました。
   6月15日(土)
16日は発達した低気圧が通過するため、運動会を18日(火)に延期いたします。16日は3時間授業になります。17日(月)はお休みとなります。写真は1年生が教室で弟子屈音頭を練習しているところです。
 6月14日(金)
「凡事徹底」。日常の授業や生活を大切にしようと頑張っています。運動会練習で教室を空ける際には「椅子を机に入れて出る」ことを意識しています。写真は5年生教室ですが、他の教室も同様に美しいです。16日の天気予報は雨模様。もし、運動会を延期する場合は15日の夕方に連絡します。
  6月13日(木)
運動会の総練習をしました。審判係、用具係、放送係、応援係、プラカード係など様々な係が本番同様に活動しました。また、今までの練習の成果を見合って刺激を受け合いました。運動会当日の天気予報はあまりよくありませんが、晴れることを願って最後の仕上げを頑張ります。
 6月12 日(水)
保護者の皆さまに土起こしのご協力いただいた花壇に、子供たちが花を植え始めました。まずは2年生と6年生が様々な色のマリーゴールドやベコニア、サルビアを植えました。運動会には花壇が花で一杯になる予定です。花を育てるのも大切な学習の一つです。
 6月11日(火)
今年度からNIE(教育に新聞を)実践認定校となりました。釧路管内では唯一の実践校です。新聞はリアルタイムの情報の宝庫です。新聞を活用したり、新聞を作ったりしながら視野を広げ、社会や身の回りのことに関心を持ち、人と積極的に関われる子どもを育てたいと考えています。
 6月10日(月)
運動会の練習にも熱がこもってきました。体育館には「どっこいしょ!」の声が響き渡っています。4年生から6年生が南中ソーランの動き方の確認をしていました。ハードな動きが連続しますが、子供たちはよりよい動きになるように見合いながら練習していました。
   6月7日(金)
運動会の全体練習をしました。今回は全校競技の縦割班での借り人競争の練習でした。1年生から6年生まで手をつないで紙に書かれた人を探してゴールに向かいます。大切なのは参加してくれた方へのお礼です。ここを忘れないように重点的に練習しました。
 6月6日(木)
4年生が総合見学に行ってきました。「挨拶」「班行動」「時間厳守」の約束を守り、摩周湖や砂湯、硫黄山などの弟子屈の名所に行ってきました。観光客やお店の人へのインタビューも恥ずかしがらずに行うことができ、「感動創造」のテーマの通り、感動の多い学習となりました。
 6月5日(水)
朝、1〜3年生と4〜6年生がそれぞれ集まってブロック集会を行いました。内容は学習規律についてです。自分たちの学級の課題とこれから頑張ることを発表しました。「次の学習の準備をしよう」「チャイム席を守ろう」「相手の目を見てお話を聞こう」など様々な目標が発表されました。
 6月4日(火)
2年生の教室から鍵盤ハーモニカの音が聞こえてきました。「ドレミで歌おう『かえるのうた』」の学習でした。階名を覚えてから指の使い方を練習して、実際に吹いてみました。慣れてくると輪唱(カノン)もできて楽しく演奏することができました。
   6月3日(月)
31日に植樹祭が行われました。6年生が参加して地域の方々と一緒に桜の木を植えました。土を掘り、水を与え、支柱に縛る作業を黙々と行う姿はとても立派でした。大人になったとき、自分の植えた桜が咲く光景を見ることができることでしょう。未来につながる貴重な体験でした。
    5月31日(金)
1年生がアサガオの種を植える準備をしました。鉢を用意して、一人ずつ土と肥料を入れて準備完了。これから種を植えて毎日水を与えます。子供たちはアサガオのお世話を通して大切なことに気づき、学んでいきます。花が咲くのは夏休みになるでしょうか。楽しみにしています。
 5月30日(木)
釧路附属小学校の先生に来ていただいて道徳の指導について勉強会を開催しました。教科書の内容と身近な生活、理想と現実など子どもの本音を引き出しながら対話的に学ぶ授業を見せてくださいました。先生方も子どもの心を育てるために学び続けます。
 5月29日(水)
朝の時間を使って、1年生から4年生まで行進の練習をしました。教頭先生が指導のリーダーとなって正しい歩き方を学びました。先生方の見本も素晴らしく、子供たちはあっという間に美しい行進ができるようになりました。行進も大切な学習内容の一つです。
 5月28日(火)
26日に「少年の主張弟子屈大会」と「いじめ撲滅サミット」が公民館で開催されました。少年の主張には5年生と6年生が各1名ずつ出場して自分の意見を堂々と述べました。また、いじめ撲滅サミットには児童会長と副会長が参加し、他校の取組について交流することができました。
   5月27日(月)
校舎外清掃を実施しました。縦割り班で校舎の周りやグラウンド、裏山の清掃と石拾いを行いました。また、保護者の方も50名以上来校され、グラウンド回りの側溝につまった土砂を取り除いたり、花壇の土起こしをしてくださいました。ありがとうございました。
 5月24日(金)
今年度、児童委員会が活躍する場を作るため全校集会を設定しました。この日は委員会の活動内容の発表でした。具体的な話の中に「明るく楽しい学校、笑顔あふれる学校にしましょう!」という呼びかけがあり、今後の活動が楽しみになりました。
 5月23日(木)
いざ挑戦が始まりました。いざ挑戦とは休み時間に縄跳びチャレンジをすることです。今回は1分間で挑戦しました。自発的な参加ですが、今回は28人が挑戦してくれました。中には1分間で200回も跳ぶ子がいました。これまで取り組んで成果が着実に出ているようです。
 5月22日(水)
自分の考え方や解き方を説明し、それを聞いて友達と自分の考えと比較しながら学びを深める学習を大切にしています。2年生は繰り下がりのある引き算のやり方について考え、自分の考えを発表していました。0を書くべきか、書かざるべきかみんなで考えていました。
 5月21日(火)
5年生が国語で「紹介ポスターを作ろう」を勉強しました。各委員会に所属している子供たちが委員会のポスターを作り廊下に掲示しています。表現の仕方を工夫してイラストやクイズ形式を取り入れたり、色を使ってわかりやすさを大切にしています。児童員会の活動紹介が23日の全校集会で予定されています。
 5月20日(月)
16日に弟子屈町の小学校の先生方が本校に集まって、プログラミング教育研修会を実施しました。来年度から本格実施される学習指導要領に対応するためです。教育委員会の方が講師となってどのように指導するのかを学びました。時代の変化に対応しようと先生方も必死です。
    5月17日(金)
4年生が消防署に行って勉強してきました。心肺蘇生法を教えていただき、実施に人形を使って練習しました。また、消防服を着て放水訓練をしたり、消防車の仕組みを教えてもらったりしました。子供たちは見る物、聞くことに興味津々でした。命を守る仕事について学ぶことができました。
 5月16日(木)
グラウンドを使っての体育学習が始まりました。2年生は短距離走の練習です。80メートルを最後までしっかり走りきる練習をしました。リレーの選手選考もありますので、子供たちも真剣に取り組んでいました。
 5月15日(水)
グラウンドにローラーが入り、やっと使えるようになりました。さっそく5時間目に6年生が50メートル走の練習をしました。また、1年生は玄関前で縄跳びを練習したり、4年生は図工で影を使った作品を作っていました。桜が満開となり学校の回りが美しく彩られています。
  5月14日(火)
今年度初めての避難訓練を実施しました。出火場所によって避難経路が違いますので確認しました。防災頭巾をかぶり、「おはしも」の合い言葉通り、真剣に避難することができました。先日、町内で火事による残念な出来事があったばかりです。命を大切にする学習を今後も繰り返します。
 5月13日(月)
いじめの未然防止はとても大切なことです。全校児童に対しても、また各学級でも繰り返し指導をしているところです。今日からいじめアンケートもとります。悪ふざけ、意地悪、けんかがいじめにつながっていることもあります。道徳の時間を中心に粘り強く指導し続けます。
 5月10日(金)
5年生が2回目の調理実習をしました。今回は「ゆでたまこ」を作りました。グループによっては半熟になったり、固ゆでたまごになったりしていました。しかし、安全に気をつけて、みんなで協力して調理できたところがとてもよかったです。職員室にもお裾分けしてくれる優しい5年生です。
 5月9日(木)
2年生が1年生の手を引きながら学校の中を紹介しました。2年生は用意した紹介文を1年生にしっかり伝え、1年生はそれを聞きながら各教室を楽しそうに見学しました。異学年で学び合うよさを感じる学習でした。
   5月8日(水)
7日に「おはなしはらっぱ」のみなさんが来校され、1年生に読み聞かせをしてくださいました。毎年子供たちのために楽しい本を読んでくださいます。この日も子供たちは真剣に聞いていました。反応もよく、いい聞き方をしていました。本好きの子供たちに育ってほしいと願っています。
 5月7日(火)
10連休、大きな事故もなく過ごすことができました。4月26日に弟子屈警察署の方に来ていただいて、交通安全教室を開きました。交通事故に遭わないためのビデオを視聴した後、警察の方の注意や自転車の点検方法を学びました。事故なく過ごすために、大切な勉強をすることができました。
 4月26日(金)
図書館バスが来校し、各学級でたくさん借りたり、子どもが個人で借りたりします。この日も子供たちはバスに乗り込んで好きな本を選んでいました。10連休はゲームばかりをせず、体を動かして遊んだり本を読んだりしてほしいと思います。
   4月25日(木)
明盛建設様が学校周辺と敷地内の清掃、側溝の修繕と清掃をしてくださいました。重機も活用しながら、まる1日をかけて学校をきれいにしてくださいました。お陰様で落ち葉やゴミが一気に消え、土に埋まった側溝もなくなりました。心から感謝いたします。
 4月24日(水)
1年生を迎える会がありました。6年生と1年生が手をつないで笑顔で入場。2年生のパプリカから始まった各学年の出し物は工夫が凝らされて、とても素晴らしいものばかりでした。いい刺激を与え合って、弟子屈小学校が一つ向上したような気がします。
 4月23日(火)
気温が高くなり、裏山で遊べるようになりました。朝や休み時間は外に飛び出して、元気に走り回っています。山の上り下りはかなりハードですので、汗だくになっている子もいます。安全に気をつけて遊べるよう指導していきます。今日は1年生を迎える会があります。
 4月22日(月)
20日に授業参観、PTA総会、学級懇談会が行われました。多数の保護者の方が来校され、教室に入りきれないほどでした。1年生はお父さん、お母さんがいるかどうか確認するため後ろを見がちでしたが、楽しく元気に勉強していました。ご来校いただいた皆様に感謝申し上げます。
   4月20日(土)
児童委員会の活動も始まりました。図書委員会の子供たちも図書コーナーに集まって本の貸し出しをしていますが、この日は本の読み聞かせをしていました。1年生も楽しそうに聞いていました。今年は児童委員会の活動を活発化する方針ですので、これからが楽しみです。
 4月19日(金)
4年生が弟子屈警察署に行って勉強をしてきました。警察の方々の丁寧なご指導のおかげで、とても楽しく似顔絵を描く学習や指紋を採る学習をすることができました。またパトカーにも乗せてもらい、警察の仕事の面白さや大変さを感じることができました。明日は授業参観、PTA総会があります。
 4月18日(木)
4年生も外国語の学習が始まりました。世界の色々な国を挨拶を勉強し、英語の挨拶を詳しく学びました。映像教材も使いながら、担任、ALT、英語指導加配教員3人で指導をしていますので、とても充実した環境です。英語が好きになってほしいと願っています。
 4月17日(水)
3年生は初めての絵の具の学習をしました。パレットの使い方、筆洗いの仕方、用具の置き方などの基本的なことを学んだ後、「たらしこみ」という技能をやってみました。水をたっぷり画用紙に塗った後、様々な色を重ねてにじみを楽しむことができました。
  4月16日(火)
二計測を行いました。身長と視力を測りました。低学年にとっては視力検査が難しかったようですが、先生の指導を受けながら慎重に測っていました。どの学年も自分の番が来るまで静かに待つことができていました。当たり前に感じることですが、とても難しく、そして大切なところです。
 4月15日(月)
1年生の給食が始まりました。12日はラーメンでした。子供たちはとってもおいしそうにパクパク食べていました。完食する子もいました。給食準備には2年生が来てくれています。みんなに支えられて楽しい給食時間を送っています。
 4月12日(金)
6年生が1年生のお世話を進んでしてくれています。朝、多くの6年生が訪れて一緒に過ごしてくれたり、給食の後片付けをお手伝いしてくれます。また、休み時間に一緒に遊ぶ姿も見られます。1年生のために働ける6年生の姿に大きな成長を感じます。
  4月11日(木)
3つの児童館が一つになって弟子屈小学校の中に入りました。「にこにこクラブ」と言います。学校の勉強が終わると一度玄関から出て、にこにこクラブ専用の玄関から入ります。近隣の小規模校からも来る子がいて、一緒に勉強したり遊んだりしながら楽しい時間を過ごしています。
    4月10日(水)
縦割班清掃の顔合わせがありました。6年生が中心になって話を進めました。縦割班活動では高学年の自覚や上級生への憧れの気持ちを育てます。28個の班がそれぞれにめあてをもって動き出します。
    4月8日(月)
着任式、始業式、入学式が行われました。新しく赴任した先生方のために子供たちは今までに聞いたことのないような大きな声で校歌を歌いました。また入学式ではしっかり返事のできる33名の元気いっぱいの新1年生を迎えました。これからが楽しみです。